埼玉県朝霞市『東京手描き友禅』染色工房稲木のホームページへようこそ

電話:090-5525-3399

(東京手描き友禅)
友禅染めは、江戸時代に京都の扇面絵師であった宮崎友禅斎が生み出したと伝えられています。
扇面絵師として知られていた友禅斎が呉服屋の依頼で小袖(当時の着物)に鮮やかな模様を描いたのが評判となり、友禅模様として注目されました。
そして参勤交代に伴って絵師や染師たちも京から江戸に移り、染物には必ず水が必要なので隅田川や神田川の近くに多く住みました。
これが東京友禅の起源となります。
また特徴として、他の産地で友禅は工程ごとに分業で行われているのが主流ですが、東京友禅では構想から糸目糊、友禅、最後の仕上げまで一貫して作者が行います。
華やかになりすぎず上品な色使いで染めた友禅は江戸の粋を受け継いでいます。